私が自転車に乗っていて車とぶつかった体験談

私は昔自転車に乗っているときに車と交通事故を起こしたことがあります。相手が車だったので、すごく痛い思いをしたのを覚えています。では、私がどのような交通事故を起こしたのか、その後どうなったのかなど詳しく紹介したいと思います。

交通事故が起こった経緯

どのような事故だったのかというと、私が自転車で走っていたところ、車が横から飛び出してきてその車に当てられました。幸い、車はそこまで速度が出ていなかったので大怪我をすることはなかったのですが、自転車ごと地面に倒れてしまいました。受身を取ったので大きなケガをしたわけではないのですが、手をひねったのと足を打ったので足から血が出てしまいました。歩ける程度だったのですが、ものすごく痛かったのを覚えています。病院へ行くほどではないのですが、血が出ていたので念のため病院へ行った方が良いと交通事故を起こした相手に言われたのでその場ですぐに医者に行きました。治療は簡単な治療で骨折したり、どこかぶつけている場所がない確認して怪我しているところには薬をつけて包帯を巻いて終わりました。転んだときは痛かったのですが病院へ行くころにはすっかり良くなったので自分で家に帰りました。相手の人は男性だったのですがとても良い人だったので、すごく謝ってくれましたし、心配をしてくれました。すごく優しい人でよかったです。ケガも1週間程度でほぼ良くなったので交通事故といってもすごく軽くすみました。大きなケガにならなくて本当に良かったです。それ以来自転車に乗るときはとても慎重に乗るようになりましたし、スピードも安全運転で乗るようになりました。

事故を起こしたときの相手の対応

交通事故が起こったとき、とにかくすぐに相手の男性が車から降りて出てきてくれました。そこで、すごく謝ってくれて病院へ行く事をすすめてくれました。私は正直たいしたことがないケガだったので、病院へ行く事も面倒で「いいです」と断ったのですが、相手の男性に行って欲しいといわれたので行く事にしました。その男性の連絡先を聞いてその場でその男性とは別れました。その後自分で病院へ行って、領収書をもらいました。次の日に相手の男性から電話がかかってきたので待ち合わせをして領収書を渡したので相手からお金が返ってきました。そのときも謝ってくれて私の体調は悪いところはないか必死で聞いてきてくれたので、良い人で良かったなと思いました。その後はもう会っていませんが私が大したことがないケガだったのを本当に安心してくれたようでした。このように私は事故した相手がたまたま良い人だったのでスムーズに話が終わったし、きちんとお金を返してもらうことが出来たのでとてもラッキーだと思います。これで相手が怖い相手なら何も言えなかったと思います。どんな人と事故をするか分からないので、出来るだけ事故をしないように気をつけていきたいと感じました。このように私の事故をしたときの相手の対応を紹介しました。とても良い人だったのですごく良かったです。